男性が女性を下の名前で呼ぶ心理とは?呼び方が変わる、呼び捨てになる男性心理を解説

 

TAKAHASHI
TAKAHASHI
こんにちは!TAKAHASHIです!

 

今まで「〇〇さん」や「〇〇ちゃん」と呼ばれていたのに、突然相手の呼び方が変わることってありますよね。

 

急に呼び捨てに変わったりして、

ドキッとしたり、、またはイラっとしたり。。。。

 

 

 

 

特に、好きな人からそうさたら

 

「これって好意を持ってくれてるのかな?」

「それともただ仲良く思ってくれているだけ?」

 

と男性心理が気になってしまいますよね。

 

 

 

 

今日はそういった男性が女性を下の名前で呼ぶ心理について解説していきます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

呼び方が変わる男性心理について

突然、男性から下の名前にさん付けで呼ばれたりして驚いたことのある方は多くいらっしゃると思いますが、その時の男性にはある男性心理が働いています。

 

また、下の名前にさん付けに限らず、変なあだ名で呼ぶこともありますがそれにも同様に男性心理が働いてるのです。

 

 

 

当然ですが初対面の方には苗字にさん付けがほとんどでしょう。

 

もちろん、会社の同期や学生時代の同級生などは初対面から苗字呼び捨ての場合もありますが、ほとんどは距離を保つ意味も含めて苗字にさん付けが普通になっています。

 

 

 

 

 

ではその呼び方が変わる際に一体どいう男性心理が働いているのかについてですが、決していつも同じ男性心理が働いているではありません。

 

といいますのもどうして呼び方を変えるに至ったかの事情が異なるからです。ここではそれら変化の原因をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

あなたと親しくなれたと考えているから

いつも少しだけ距離のある仲間から苗字呼び捨てやあだ名で呼ばれるとどう感じるでしょうか?自然と親しさのようなものを感じるでしょう。

 

これは呼び方が変わる男性心理にも同様の事が言えます。言い換えれば、あなたの事を信頼に足る人物と考えたから呼び方を変えた可能性が大きいです。

 

 

 

 

これまで通りの苗字にさん付けの呼び方より一歩踏み込む必要性があると考えたからこその変化です。

 

今後もあなたとの付き合いが続いていくであろうことを予期しており、その際に気の置けない仲の方がコミュニケーションが円滑に行えるという判断です。

 

 

 

これが恋愛面にどう作用するかといいますと、プラスで捉えて問題はないでしょう。

 

ただ女性として意識されているというよりは、仲間としてかけがえのない存在だと認知してもらえたということです。恋愛に発展させていくにはあなたの努力が必須となります。

 

 

 

 

仲を深めたいor異性として意識してほしいから

二人きりの時に呼び方が変わる方なども同様です。

 

呼び方が変われば当然「なぜ?」と少し気になります。

 

そうやって相手に意識させるのを目的にやっている場合もあります。もしあなたが拒否しなければ距離を確実に詰めることができるというわけです。

 

 

 

 

また相手目線でいえば、これから付き合いたい相手にずっとさん付けでは永久に距離を縮めることはできません。

 

まずは仲を深めるために敬称や敬語を取り払おうとしています。そうして異性としても意識してもらいたいと考えているのです。

 

 

 

 

言ってしまえば脈ありということ。

 

もちろん、勘違いしてしまってはいけないので見分けは慎重に行いましょう。ただ相手との関係性である程度察することができるのも事実です。

 

相手の好意のサインをどうするかはあなた次第というわけです。

 

 

 

 

 

周りに合わせている

 

周りの人がみんな呼び捨てで呼び合っているのに、一人だけさんづけでは逆に不自然になってしまいます。

 

つまり、特に好意や何らかの意味を持っているわけではなく仕方なく呼んでいる場合です。

 

 

 

○○ちゃん呼びなどによくみられるケースです。

 

この場合は見分けるのは容易で、特に仲良くもない男性などに突然呼ばれた場合などが当てはまります。勘違いしてしまうと少し恥をかいてしまう可能背もあるので要注意です。

 

 

 

 

男性が女性を下の名前で呼ぶ心理とは?

呼び方の変化は様々ありますが、やはり下の名前を呼ぶというのはさん付けか呼び捨てかに関わらず特別な男性心理が働いていると言えます。

 

また他人より先手を打って下の名前で呼ぶことによって、あなたにとって特別な存在になろうとしている可能性が非常に大きいです。

 

 

 

下の名前呼びは好意的な意味合いが大きい

 

あだ名や苗字にちゃん付けなど呼び方というものは実に多く存在します。

 

その中でも下の名前というのはやはり特別です。というのも、好意を持っていない人間に対して下の名前で呼ぶことは難しいからです。

 

 

 

 

自分におきかえてみると分かりやすいです。

 

先輩後輩など関係なく嫌いな人を下の名前で呼ぶことはほとんどないと思います。むしろ呼びづらいはずです。それは本能的にその人と距離を置きたいと思っているからなのです。

 

逆に言えば下の名前で呼ぶことができるというのは、距離を縮めてしまっても構わないと本能レベルで認めることができているからにほかなりません。

 

 

呼び捨てをしてくる男性心理とは?

呼び捨ては相手との関係性によって意味合いが大きく変わってくるものです。例えば先輩や上司に呼び捨てにされるのはよくあることですよね?そういった点も含めて大きな二つのケースをご紹介いたします。

 

 

 

自分が優位に立ちたいという感情の表れ

呼び捨てにする心理の中でも特に職場の同姓を呼び捨てにする場合に見られるものです。

 

社会というのは常に競争を強いられる場でありますが、そういった中で他人より優位に立つということは大きな意味を持ちます。

 

 

 

これは男女関係なくです。自分にないものを持っている相手を尊敬するときなどは、やはりさん付けが主流です。

 

ただその相手に負けたくないというケースを除いてです。尊敬はするが勝ちたいなど複雑な感情が相まって呼び捨てに至っているケースも珍しくはありません。

 

 

 

 

あなたに好意を示したいから

特に社会に出てからは下の名前を呼び捨てにするというのは男性心理的にも勇気のいることです。

 

礼儀や距離感を保つことが、ある種のマナーとして存在している中で呼び捨てにすることによって距離を縮めようとするのは諸刃の剣といえます。

 

 

 

 

一歩間違えれば「礼儀のなっていないやつ」のレッテルを張られかねないリスクを冒してまで、あなたに好意を示して特別な存在になろうというわけです。

 

逆に言えば呼び捨てにするような人間はあまりいないわけですから、あなたも気になってしまうことでしょう。

 

 

 

ここぞというところでこのような大胆な決断ができる男性は、頼りになる男性である可能性が大きいです。

 

しかしその反面リスクを厭わない行動に出ることがしばしばあるかもしれません。一長一短ですが、この好意を受け取るかどうかはあなた次第ということになってきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下今日のまとめになります。

 

呼び方が変わる男性心理は?

・呼び方が変わる男性心理は以下の3つ。

1、あなたと親しくなれたと考えているから

2、仲を深めたいor異性として意識してほしいから

3、周りに合わせている

呼び捨てをしてくる男性心理とは?

・呼び方を変えて呼び捨てにする場合には以下の2ついずれかの心理が働いている可能性が高い。

1、自分が優位に立ちたいという感情の表れ

2、あなたに好意を示したいから

 

ということで今日の内容は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

また次の記事でお会いしましょう。



〈記事が参考になったという方は、↓の応援クリックをポチッとよろしくお願いします!〉



人気ブログランキング
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事